~ブルーベリーみたいな日々~


毎日が、甘酸っぱい小さな幸せでいっぱいだったらいいのに。
by mic9999
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:つれづれ( 897 )

モヤモヤします

ひねくれているのか私の感情が変なのか。

足の不自由な主人は、杖を使っての歩行です。
しかも、ひどい時には、一般人の10倍以上時間がかかります。
牛歩より遅いかもしれません。
だから、最近は、動くのが億劫で、すっかり出不精です。

今日は、ちょっときになるブランドがあって、最近、あまり出かけたがらない主人が、久しぶりに町に出かける気になったので、出かけてきました。

いつも通り、移動には人の何倍もかかります。
駐車場で車を止める場所も、なるべくなるべく入り口に近いところを探します。健常者でもそうでしょうが、笑
だって歩くのが大変なんだから。

そうして、いつも、私は、先々、どこにエレベーターがある、エスカレーターがある、と、なるべく無駄に歩かなくて済むよう調査してから、戻って、彼を誘導します。

彼との外出は、本当に大変なんです。

結局、気になった商品は買わず、レストランで食事して帰りました。

会計時に、若い店員さんが、私に言ったこと。
「えらいですね」
「?」
「ああやって足が悪いのに、外食する気になるなんて」
ちょっとカチンと来たけど
「たまにですよ」
たたみかけるように
「僕だったら出たくなくなってひきこもっちゃうかも」

ほめてくれたんですよね。

でも、私は、なぜかモヤモヤします。
なんで?
足が悪いとずけっと言われたから?
僕なら引きこもり?

一体どこが琴線にふれてしまったんだろう。^_^


[PR]
by mic9999 | 2017-01-28 00:48 | つれづれ | Comments(0)

日々つれづれ

気がつけば年を越していました、
毎日早!

もう1月も半ば。

今年もよろしくお願いします。

年末、体調と心調を崩した母もだいぶ立ち直ってきたので、だいぶ元どおりになってきています。
しかし、わかったこと。
やっぱり同居は無理だろうということ。
確実に衰えていくだろうということ。

そして、肩負傷の家人。
相変わらずシップ要求で、治ってはいないこと。

実家の父。高齢になり20年続けた趣味をやめることを決意したと。夜に外出しなくてはいけないことがネックで。

みな、縮小傾向にあります。
単なる縮小ではなくて、発展的縮小であればいいなあと思います。

年の初めから、久しぶりの同窓会開催に、心踊り、
昔の知人探しに、ネットサーフィンしてると、
たくさんの久しぶりの方が見つかって、
ほっこりしたり、
え〜、そんな人生〜と思ったり、
心揺れる毎日です。

もう半世紀以上たってしまったのやね。
しみじみ。

今年もよろしくお願いします。




[PR]
by mic9999 | 2017-01-14 05:47 | つれづれ | Comments(0)

気がつけば最後の10日

今年の冬はイルミネーションよくみているわりには、
まったく師走感なし。
というのも、自分の毎日が毎日すぎて、
先を見る余裕がなくて、
年末年始が、あと10日だなんて、まったく実感なくて。

スーパーにはおせちの材料並び始めているというのに。

さてさて、
先週肩を負傷した相方は、結局、1週間休みにして、
週末の家族旅行は決行いたしました。

すべて、不幸中の幸い、的に、
いろいろなことが回っている気がします。

いや、不幸中の幸い、と、思えるのは、
能天気だからかな。(´∀`)

年末のお仕事、年賀状作り始めます。
それ終わってから、小掃除ね。大掃除は、間に合わないわ。^_^

[PR]
by mic9999 | 2016-12-21 13:47 | つれづれ | Comments(0)

次々降り注ぐ試練

小池都知事ならぬ、◯◯家事みたいだ。
前の問題、集結したわけではなく、とりあえず、置いて置いて〜。
ほっと一息、も、しないうちに、
試練が来ました。

足の不自由な主人がすっ転んで、肩を強打。
肩まで痛め、杖つけない状態に。
え〜。

どうしてこうなるの。

とりあえず、明日からどうするか、
なんとかなるのか無理なのか。

本人だって激痛のようだし。

は、来週末の家族旅行、どうしよ。

[PR]
by mic9999 | 2016-12-11 06:25 | つれづれ | Comments(0)

パンドラの箱を開けたのか

ただいま。
仙台より帰って来ました。
11月から始まったせんだいごと。
ようやく物理的にも時間的にも精神的にも
解放された気がします。

思えば、法事前後の義母のふるまいや言動に
不安を感じ、検査をすすめたのは、私でした。
私が一番強く感じていたからです。
あの時、触れずに、そっと帰っていたら、
こんな1ヶ月はありませんでした。

かえってこじらせ、心の不安を呼び起こすことに
なってしまったのでは。

元気だったはずの義母が、体調崩し、心の調子を崩し、
一人で自活する自信や気力を失いかけ、
私は、正直、どうしようかと思いました。

一度体調の歯車か狂い出すと、どんどん悪くなる高齢者。
悪いスパイラルから抜け出てください。

ふりきって、今日は自宅に戻ります。


自宅では、大きい息子が肩負傷。
またサポート必要です。
私はサポーターから抜けられないのか。


[PR]
by mic9999 | 2016-12-10 18:18 | つれづれ | Comments(0)

仙台に始まり仙台に終わる霜月〜師走

思えば、11月初めからずっと、せんだいごと。

いろいろありました。

法事から1ヶ月以上。
義母と一緒です。

今日、再び仙台へ。
東京ステーションなう、

義母が動くときは、いつも快晴。
今日も真っ青な空です。

[PR]
by mic9999 | 2016-12-08 11:37 | つれづれ | Comments(0)

いろいろ溜まりすぎだ

義母にまで風邪をうつしてしまいました。

壊滅的状態は、免れていますが、咳はまだ止まりません。
年寄りに風邪を移してしまいました。
自己嫌悪です。

義母は帰れないのは来週月曜日、先日受けた検査の検査の診察があるからです。

義母は、コレ。
この疑いがあるので、いろいろ検査を受けました。
たまたま今日のNHKでやっていました。
来週の『今日の健康』は、この特集です。

b0102864_17502862.jpg

長期滞在になればなるほど、おかしいことが見つかって、あちゃーと思うことだらけ。

とは言うものの、にわか同居は、かなりつらくて、検査結果が、重篤でないことをただただ祈っていて、とりあえずは、戻っていただきたいの。

主人が、お正月も近いから、もうずっといたら、と
言ったのにはびっくりして、昨晩はふて寝。

まちがっても、居心地よいなんて思わないでください。(´∀`*)^_^

[PR]
by mic9999 | 2016-12-02 17:45 | つれづれ | Comments(0)

こういうの困るわ〜54年ぶりの大雪予報

朝4時に起きました。
一面銀世界だったら、すぱっとあきらめて、お弁当作らずに寝る!しかしながら、強い氷雨。
雪ではありません。
朝7時過ぎに出勤する主人、まさに、デッドラインです。
これから雪が降っても積もらない程度か?
みぞれになって、足元危ないか。


もういや。



自分も、月曜日にお薬もらった風邪がさらに悪化。
本当は寝ていたいところだけど、義母がいるから、寝てられない。
でも、移しても困るし。
でも、一人にすると不安みたいだし。

困ったよ〜。


追記:
主人の送りはいつも通り。
帰宅ご、朝ごはん食べて風邪薬飲んで朦朧。
少し覚醒してまた昼ごはん。
食べて片付けて、すみません。私ねます。
一緒にいると移しそうなんで。
( ´∀`)( ´∀`)( ´∀`)
昼寝します。


[PR]
by mic9999 | 2016-11-24 04:42 | つれづれ | Comments(0)

これからのこと〜現在進行形

週末、仙台にて義父の七回忌をすませ、やれやれと言ったところですが、
実は、大きく事態が動くようなことが、現在進行形です。

遠く離れて、一人暮らしの母、お互いに行ったり来たりも、なかなかできず、実際に会うのは多くても半年に一回くらい。

電話ではよく話しますが、

最近、電話の会話で、なんだかおかしいと思うことが多かったのですが、
今回、数日、一緒に過ごして、かなり決定的に、物忘れ進行中の証拠を、皆で認識しました。

急いだわけではないですが、なかなか機会もないので、
在仙中に、と、かかりつけの内科さんにご相談、
まあ心配なら、一度受けておけば、と、いわゆる認知の検査を受けることに。

その付き添いのために、嫁の私が、検査の日まで残り、
問診による、認知のテストをうけました。
結果、さらなる精密検査をすすめられ、予約を取る段になり、毎回、私が仙台に来るわけにもいかず、
急展開で、こちらの病院の診察を受けることにして、検査もこちらで。ということになりました。

直前記憶が消えるのです。
しかも、そうだった、ね、と思い出せるならまだいいのですが、思い出さないのです。
昔のことは実に鮮明。

一人で置いておくのはあぶなっかしいと皆が判断しました。
見た目もしゃきっと、背筋まっすぐ、口も達者、
まだまだお元気のようには見えるのですが。

まだ同居には至りませんが、近い将来を見据えて準備、片付けしていかなければなりませんね。
どこまで物を減らせばいいのか、頭が痛いことです。


[PR]
by mic9999 | 2016-11-13 06:57 | つれづれ | Comments(0)

仙台(東北)にいます〜パート2

パート2を書く前に、戻って来てしまいました。

思い出綴り。

週末は、七回忌、お墓まいりをすませ、
その後、親戚の親睦旅行で、南三陸へ。
絶景で海の幸おいしくて、と、義母のおすすめの場所でしたが、
あの震災の地です。
泊まったホテルは見事に復興しておりましたが、
津波をまともにかぶったあの場所は、瓦礫をぜんぶかたづけたあと、新しい盛り土が、いたるところにピラミッド状に積み上げられ、新しくできた道路がその間を縫って作られていました。
と言うより道路が作れる場所に道路を作って、そのあとに土を運び入れたが、正しいかな。
まるで、砂漠の土の山の中のくねくね道路でした。
どのように復興していくのか、何十年もかかりそうです。
実際に見るといろいろ考えさせられます。
が、震災経験者の義母とは、あの時の怖さを思い出させたくないので、あまり話ができませんでした。

絶景は本当に素晴らしかった。
少し遠いけれど、また行きたいと思う場所でした。

b0102864_06482296.jpg

b0102864_06495066.jpg

b0102864_06505445.jpg

海の幸も。
b0102864_06553040.jpg

[PR]
by mic9999 | 2016-11-13 06:38 | つれづれ | Comments(0)